新宿番外地

よろずお絵かきブログ(シティーハンターがメイン★)

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

[edit]

CM: --
TB: --

page top

辛口ですんません(AH全般) 

2011/11/06
Sun. 17:11

ちょっとごぶさたしておりました。

もう今更なお話ですが、この間、ようやく「エンジェル・ハート」の最新刊を買いました(単行本派ですからね)。

例の香ちゃん話が収録されておりましたよ。
あ-これが、物議を醸していたエピソードか、となんとなく斜め読み。

しかし、家族写真のくだりは、次巻に持ち越しでした。





お金を出して、コミックスを買っているのですから、文句を言う権利もありますよね?



(注!毒吐きコメントですので、ご興味ない方はスルーしてください。ごめんなさい<(_ _)>)

(注)タロウはアンチAH派という訳ではございません。最新刊を読んだうえでの感想です。あしからず。



香ちゃんの話に限らず、人が死ぬ話が多すぎやしませんか。

感動のエピソードに仕立てたい気持ちはわかります。

しかし、

が、しかし。

人死に話で読み手の心を動かすのはたやすい事だとタロウは思うのです。

AHという作品は、喪失感を抱えた人々の再生の物語、と捉えればよいのでしょうが、
それにしたって、

そこ、別に死ななくてもよくね?

と思うエピソードが(タロウ的には)見受けられるのです。


ねえ、北条先生、
人が死ななくても、読み手の心を動かすようなお話は描けませんか?

(しつこいようですが)お金を払って作品を読ませていただいている以上、良い意見、悪い意見、どちらも書きたいのです。




*****
AH読んだあと、お口直しに「マスターキートン復刻版」を読みました(笑)。
最近の楽しみは、どちらかといえばこっちの続巻の発売の方です。

心が折れそうになったとき、キートン先生はタロウを励ましてくれます。
人生、そんな捨てたもんじゃないな、と思わせてくれるのです。
(タロウ、歴女だしね)。
絶版になった時、買わなかったことを後悔したけど、信じて待った甲斐がありました。

もう離さないよ、キートン先生。
毎巻必ず買うからね!
お金無くてAH買えなくても、こっちは必ず買うからね!(ひでぇ)



スポンサーサイト
web拍手 by FC2

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://xyzbangaichi.blog71.fc2.com/tb.php/85-14a8a116
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-11

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。