新宿番外地

よろずお絵かきブログ(シティーハンターがメイン★)

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

[edit]

CM: --
TB: --

page top

ほんの小話程度に書いてます。(CH) 

2012/02/14
Tue. 06:31

皆様おひさしぶりでーす。
気付いたら2月も半ば。すいません、相変わらず更新のろのろでございます

お返事もかなり前から溜めててごめんなさい。
必ず、きっちり返信しますのでお許し下さい~


これ書いてる今も、じつはこんな事している場合ではないのですけどね。
会社に提出するレポートじぇんじぇん出来てないのに逃避行動ですよ、わはは。
しかし先般から季節ネタをいくつも落としているのが口惜しくて、とうとう
無理矢理描いてしまったという…ね。

そして折り畳みの中にはバレンタイン小話(?)を入れました。
昔のフォルダを整理していたら見つかったので、ついでに載せときます。
まだCHブログを作る事などなかった頃、どこに発表するというあてもなく、ただ書いてみただけというキワモノです。
日付は2007年…。一体何がしたかったのか、タロウよ。

タロウには珍しいリョウ&香のほのラブ(かな?)物です。
まあ…暇だし読んでやるかという心に余裕をお持ちの方のみどうぞ。





あ、その前に大慌てて描き殴ったバレンタイン(らしき)絵。






<俺の相棒がこんなにドSなわけがない(笑)>



Vt絵描き直した。



注)上記イラストと、テキスト本文は一切関係ございません(^_^;)




逆手 (リョウ×香 バレンタイン話)







いつものように軽く憎まれ口を叩いてから、夜の街に繰り出そうと思っていた。
香のハンマーなぞ軽くいなして出かけちまえばいい。

「ちょっと、僚!」

ほーら来た。

「今日はバレンタインだしぃ、僚ちゃん、女の子達からのチョコを受け取りに行かなきゃ…んじゃね!」
「待ちなさいってば!」

俺の背後を追ってくる声。
恐らく降ってくるのは100t…いや本日はジェラシーハンマーか?
だがな、香。今日ばかりはお前のハンマーに引っかかってやる訳にはいかねぇんだ。
これからミックと男の頂上決戦が控えているんだからな。
いざ行かん、敵は本能寺にあり!(意味不明)

予想される攻撃を前に、防御の構えをとった俺に降ってきたのは…いや、差し出されたのは小さなピンクの紙袋。

「何だこりゃ」
「出掛けるんでしょ。だったらついでにこれ、ミックに渡しといてくれない?」
「はあ?」

思わず素っ頓狂な声をあげてしまった。
いつもと違う展開に、俺は戸惑いを覚えた。

「だって…バレンタインデーのチョコだもん。あたしがミックに渡すところをかずえさんに見られたら…気まずいでしょ?」

…チョコ。
…ミック。
そしてその言葉に含まれた香の恥じらい。

提示された三連コンボに少し(本当に少しだぞ)引っ掛かるものを感じた。

「何でミック…何でチョコなんだよ、バレンタインに!」
「バレンタインだからチョコなんでしょ」

ええそりゃごもっとも…いや、いやいやいや、納得している場合じゃない。

「そうだ、バレンタインだ。なぜに俺があのナンパ外国人にチョコをデリバリーせにゃならんのだ」
「何よ、アンタも欲しいわけ?」
「なっ…!」

あっさり切り返された香の言動に、俺はいつになくムキになっていた。

「ほ、欲しいわけな…んぐ」

急に俺の口が茶色い塊で塞がれた。

「じゃあ、ミックに渡さなくていいから、これ、あんたが代わりに食べてよね」

差し出された小さなピンクの紙袋は封が解かれ、俺の口を塞いでいるのと同じハート型のチョコが、袋の底に二つ三つ転がっていた。
訳も分らずされるがまま、俺はその紙袋を受け取っていた。

「しょーがねえな、貰っといてやるよ」

それだけ言い残すと、俺は部屋を後にした。
アパートの外に出て、人通りが無い事を確認すると、残りのチョコレートを紙袋から直接口へと含んだ。
頬いっぱいに含ませると、ほろ苦さが口の中に広がった。

左党の俺に正直チョコの味は馴染まない。

でも、このちいさなハート型のチョコだけは、いつまでも口の中で味わっていたかった。

…俺が貰ってよかったのかな?

…いや。

「ミックなんかにゃ勿体ねぇ」

誰に聞かせるわけでもなく、俺は一人呟いた。

さて、そろそろ行くか。
とりあえずミックとの待ち合わせ場所へ辿り着く前に、この緩んだ頬を何とかしないとな。




「やれやれ」

僚が出掛ける姿をベランダから見送ると、香はため息をついた。

「一気に食べなくてもいいでしょうに」

まるでリスかハムスターみたいだ。
頬袋一杯に、餌を溜め込むアレ。
彼らは外敵に見つかる前に餌を溜め込まなくちゃいけない。

「一体、誰に見つかったら困るんでしょうね」

チョコ一つ贈るのも大変だ。
美樹のアドバイスが無ければ、きっと今年も渡し損ねていただろう。

「天邪鬼さんはね、あげないって言ったら欲しがるものよ」



***
ちょっと甘すぎ…?
070725



スポンサーサイト
web拍手 by FC2

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://xyzbangaichi.blog71.fc2.com/tb.php/94-49866e09
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-11

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。